もう就活したくない24卒必見!就職以外の選択肢や具体的な対処法も紹介

就活 したくない

楽に、ホワイト企業に入りたくありませんか?


就活キャリアでは、ナビサイトにはない、穴場ホワイト企業、隠れ優良企業の求人を

200社以上ご紹介可能。


また、自己分析の進め方や、あなたに合った企業選び、志望動機、選考対策まで

ゼロからサポートいたします。


カンタン30秒で登録完了!/



「このコンテンツには、一部プロモーション(PR)が含まれています」

  • 第一志望だった企業に落とされてしまった。もう就活なんてしたくない……
  • 就活から逃げた先の人生ってどんなことが待っているのだろう?
  • 就職したいけど、就活したくないときの効果的な解決策は何かあるのかな……

なかなかうまくいかない就活中、このような悩みを抱えていませんか?

初めての就活で右も左も分からないながらも進めてきたけど、自分の思うように内定獲得ができない人もいると思います。時間が経てば経つほど、焦りといらだちを感じてしまいますよね。

この記事では、就活したくない大学生に向けて、就活しないことのデメリットや「就活したくない」と感じたときの対処法を紹介します。

この記事を読むと、就活にやる気がなくなったとき、どのような対応をすれば良いかヒントを得られますよ!

目次

誰もが「就活なんてしたくない」と思っている

誰もが就活したくないと思っている

結論から述べると、就活生の多くは「就活なんてしたくない…」という気持ちを抱えています。

実際に、老舗就活情報サイト『就活ジャーナル』が行ったアンケートによると、就活したくないと感じたことがある学生は約40%にも上りました。

また、『SStudents lab』が行ったアンケートによると、就活をする予定がない人は約30%、就活をしないことを肯定的に捉えている人は約50%にも上ります。

このことからもわかる通り、「就活なんてしたくない……」という感情は決して特別なものではありません。

しかし、それでも就活をやめない人が多いのは、「就活ないことで得られる楽さよりも、就活しないデメリットのほうが圧倒的に大きい」とみんな分かっているからです

就活をしたくないと思う理由

就活をしたくないと思う理由

就活をしたくないと一言に言っても、理由は人によってさまざまです。

ここでは、就活をしたくないと思う理由を7つ紹介します。なぜ就活をしたくなくなるかをしっかりと理解したうえで、解決策を考えていきましょう。

1.そもそも働きたくないから

そもそも働くこと自体を後ろ向きに感じている人も多いかもしれません。

たとえば、「人付き合いが苦手」「考えるのが苦手」「力仕事をしたくない」など仕事に対してネガティブな感情を抱く人も多いです。

特に、学生は基本的にアルバイトやインターンシップ経験しかないため、働くことに対しておよび腰になってしまうケースもあります。

また、企業で働いたことのない学生からすると、自分が実際に企業で働く姿をイメージできないので、働きたくないと思ってしまうのは仕方ありません。

2.就活をしたくないから

学生の中には、現代の就活システムに違和感を覚え、就活をしたくないと感じる人もいます。

就活の時期になると、みんなスーツを着て同じような服装や髪型で、似たような回答をする就活スタイルに違和感があるかもしれません。

就活をしたくない、めんどくさいと感じた人は、解決策を紹介した以下の記事を読んでみてくださいね!

3.就活がうまくいかないから

書類選考や面接に落ち続け、就活がうまくいかないため、就活をしたくないと思っている人も多いです。就活期間中は、エントリーシートや面接対策など多くの時間が必要です。

そんな中で、書類選考や面接で不採用が続くと、モチベーションが下がってしまいます。実際に、多くの人がこの問題に悩まされているでしょう。

徐々に自信もなくなり、就活に対するやる気がなくなってしまうため、まずは就活がうまくいかない原因を考え、原因別に対策をしていきましょう。

4.社会に出て働くことに自信がないから

社会に出て働くことに対して不安があり、就活したくないと思っている人もいます。学生時代はアルバイトやインターンシップくらいしか働く機会がないため、働くこと自体に自信がないのは仕方ありません。

また、自分の経験や知識、スキルに自信がなかったり、どのような仕事をするか分からなかったりと、いろいろな不安があると思います。

不安が多く、働くことに対して自信が持てないのは最初だけです。働く中で、自信がついてきます。

多くの人に共通する悩みだと思うので、一つ一つ問題を解決し、対策しましょう。

5.やりたい仕事や向いてる仕事がわからないから

やりたい仕事や向いてる仕事が分からないため、就活したくないと思う人もいます。

多くの人は就活シーズンに入り、合同企業説明会やインターンシップに参加し、自分がやりたい仕事や向いてる仕事を見つけます。

自分一人だけでいろいろとやりたい仕事を考えてみても、学業が直接仕事に結びつくことはほとんどないため、すぐには見つからないでしょう。

逆に、やりたい仕事や向いてる仕事を考えるのが難しければ、やりたくないことを考え、それを避ける仕事を選ぶ方法もあります。

6.希望に合う会社がないから

自分の希望に合う会社がないため、就活したくない人もいるでしょう。仕事内容や給料、勤務地など全てが自分の希望に合うとは限りません。

また、全て自分の希望に叶う会社があったとしても、その会社に必ずしも入れるかどうかは別の話。絶対に譲れない条件を考えて、就活すると良いでしょう。

7.会社や時間に縛られたくないから

学生の中には、会社や時間に縛られたくないという理由から就活をしたくない人もいるかもしれません。

会社に自分の自由な人生を左右されたくないため、会社で働きたくないと考える人もいるでしょう。

また、最近では多様な働き方があり、正社員として働くことにこだわりがない人も多く、フリーランスのような自由な働き方に魅力を感じる人もいます。

そういう人は、大変な思いをして就活をしなくてもいいと思っているでしょう。働き方の選択は自由ですが、会社で働くことのさまざまなメリットを知ることも大切です。

就活しないことのデメリット5つ

就活しないことのデメリット

ここでは、就活しないことのデメリットを5つ紹介します。

具体的には、以下の5つのデメリットが挙げられます。

  • 既卒就活は新卒就活よりも内定率が低い
  • 収入が不安定なため家族の経済サポートが必要なことも
  • 社会的信用が得にくい
  • 福利厚生がない
  • 新卒カードを活かせない

就活の必要性を考え直すためにも、これらのデメリットについて具体的に確認していきましょう。

1.既卒就活は新卒就活よりも難しい

就活をしないデメリットは、既卒就活は新卒就活よりも難しいことが挙げられます。

大手就活サイト『マイナビ』が行っている「既卒者の就職活動に関する調査」によると、新卒就活の内定率は約83%であるのに対し、既卒就活の内定率はわずか45%しかありませんでした。

この理由は企業によってさまざまですが、総じて言えるのは「企業は既卒就活生に対してマイナスイメージを抱きやすい」ということ

また、既卒就活生は「就活時期や卒業してからは何をしていたの?」と採用担当者に問われやすいのもデメリットですね。

もちろん、だからといって就職がまったくできないことはありません。

しかし、「新卒就活から逃げ出してしまった人が、それよりも難易度の高い既卒就活に果たして取り組めるのか」という疑問は残ります。

2.収入が不安定なため周囲の経済サポートが必要なこと

収入が不安定で周囲の経済サポートを必要とすることも、就活をしないデメリットの一つです。

就活をしないということは、要するに正社員にならないということを意味します。

当然、正社員にならなければ安定した収入が見込みにくくなりますから、周囲の経済サポートを必要とすることも増えてくるでしょう。

果たして、あなたが困窮しているときに手を差し伸べてくれる人がそばにいるでしょうか?

もしいるのであれば、就活しない選択肢も取りやすいですが、残念ながらその人がいつまでもそばにいてくれるとは限りません。

つまり、1度就活から逃げたとしても、どこかで必ず自分の生き方と向き合わなくてはならないということですね。

3.社会的信用が得にくい

就職をしないと社会的信用が得にくいです。

前述の通り、会社に就職していない人間は収入が安定しない傾向にあるため、社会的信用が確保するのが難しくなるでしょう。

そのデメリットとしては、以下のものが挙げられます。

  • ローンを組めない
  • クレジットカードが作れない
  • アパートやマンションの部屋を借りられない
  • 融資が受けられない

簡単に言うと、社会的信用が低い人はお金や物品の貸し借りがほぼ不可能になります。生活の自由度が大きく下がり、欲しいものを手に入れる難易度が高くなるわけです。

4.ビジネスマナーやスキルが身に付きにくい

社会人経験がないまま就職すると、社会人としての基本的なビジネスマナーが身に付きにくいです。

たとえば、メールの書き方や社内外の関係者との接し方、基本的なPCスキルが習得できるのは、会社員のメリットともいえます。

ビジネスマナーや基礎的なスキルが身に付いていないと、後から企業に就職しようとしたとき、他の転職者と比べ、根本的な部分で差が出てしまいます。

また、企業は組織で動いていることがほとんど。組織の中での人間関係や仕事の仕方など、企業で働いていないと通用しないこともあるので注意が必要です。

5.新卒カードを活かせない

企業の中には、新卒でしか入社できない企業もあり、就活しないと新卒カードを活かせないのもデメリットの一つです。新卒で就活する機会は、一生に一度しかない貴重な機会です。

特に新卒採用は、基本的には即戦力となるスキルや経験ではなく、ポテンシャルに重きを置いた採用が多い傾向にあります。

大手企業やメガベンチャー企業に入りたいなら、新卒で就活したほうがいいでしょう。

また、新卒では同期ができたり、社内の人脈が根強くなったり、新入社員研修で基礎から学ぶことができたりと、メリットが大きいです。

「就活したくない」と感じたときの対処法5選

就職をしたくないと感じたときの対処法

就活をしたくないと感じる原因にはいくつかありますが、原因に応じた対処をする必要があります。

就活をしたくないと感じたときの対処法を5つ紹介します。

いずれも共通しているのは、自分が就活をしたくないと考えてしまう本当の原因を探ることでしょう。

人はハッキリとしたイメージが湧かないものに対して強い不安を抱くものなので、これらの対処法によって、自分が就活を拒絶してしまう理由を明らかにしてください。

1.一旦休んでみる

就活に疲れてしまったら、無理に続けずに一旦休むのも効果的です。

しかし、ずっと休んでいると状況は良くならないし、ただ時間が過ぎていくだけなので、期間を決めて休むようにしましょう。

就活から離れて一旦休み、リフレッシュした後は再び就活したくなるかもしれません。気持ちの切り替えを大切にし、適度に休むことも忘れないようにしてくださいね。

2.人生設計を考えてみる

2つ目は、人生設計を考えてみることです。人は、不安なことに直面すると衝動的に逃げてしまいたくなるものです。

もちろん、逃げること自体は決して間違いではないのですが、問題なのは逃げることによって自分をさらに不利な状況に追い込んでしまう恐れがあること。

不利な状況を回避するためにも、就活を継続した場合の人生設計と、就活から逃げた後の人生設計を比較してみましょう。

就活を継続した場合とそうでない場合の人生設計を考えることで、自分にとってどの選択肢が最善なのかが見えてきますよ。

3.OBやOGに相談する

就活をしたくないと感じたら、OBやOGに相談するのもおすすめです。

「そもそも就活自体にやる気が出ないのに、OB訪問なんてしたくない……」と思う人もいるでしょうが、OBやOGに相談するメリットは非常に大きいです。

具体的には以下のものが挙げられます。

  • 就活の全体像が掴める
  • 仕事をすることについてリアルな意見が聞ける
  • その会社の雰囲気が分かる

また、OBやOGに相談すれば「入社前は◯◯が不安だったけれど、過度に心配する必要はなかった」といったエピソードも聞けるはず

OB/OG訪問を繰り返すことによって、自分の中の漠然とした不安感は徐々に解消されていきますよ!

具体的なOBB/OG訪問の方法については、以下の記事をチェックしてみてください。

4.改めて自己分析を行う

就活をしたくないと思ったら、改めて自己分析を行うことも大切です。

一般的に、自己分析は企業選びや自己PRをするのに必要なものだと捉えられていますが、実は就活のモチベーションを上げるのにも役立ちます。

というのも、「就活をしたくない……」と考える人の多くは、自分のやりたい仕事や目標を見失っているからです。

また、就活をやりたくない本当の原因を明らかにすることも可能なので、まずは自己分析によって自分が無気力になってしまう原因を探ってみましょう。

なお、この自己分析のやり方については以下の記事で解説しているので、チェックしてくださいね。

5.逆求人サイトを活用する

就活をしたくないと感じたときは、逆求人サイトを活用するのもおすすめです。自分で企業を探すのは時間がかかり、面倒なことも多いですよね。

しかし、逆求人サイトは自分で企業探しや応募をしなくても、企業からスカウトが来るのでスムーズに選考まで進みやすいです。

逆求人サイトにもさまざまな種類があり、何を登録すればいいか分からない学生もいると思います。まずは、シンプルで使いやすいオファーボックスの登録をおすすめします。

オファーボックスはプロフィールを登録すると、学生のプロフィールを見た企業の担当者がスカウトしてくれるシステムです。

自分で企業を探さなくても、企業が学生のプロフィールを見て自社が欲しい学生を見極めてくれます。

就活がうまくいかないときは、自己分析をやり直そう

オファーボックス

就職がうまくいかないときは一度、自己分析をやり直して、自分の強み・弱みについて改めて理解し直すのが効果的です。

自分にどんな強み・能力があるかを素早く正確に把握できるのが、スカウト型就活サービスを提供している「OfferboxのAnalyze U+」という機能です。

Analyze U+は、自己分析の精度が高いのはもちろん、その結果に興味をもった企業からスカウトが届きます。

実際にプロフィールを80%以上入力した学生のオファー受信率は、93.6%。5分で登録できるので、今すぐ登録して自分の強みを把握するようにしましょう!

無料で自己分析/

「就職しない」という選択肢を選ぶときの注意点

「就職しない」という選択をするときの注意点

ここでは、「就職しない」選択肢を選ぶときの注意点を3つ解説します。

  • 一時的な感情になってないか
  • 就職しないデメリットやリスクを考えられているか
  • 目的があったうえで就職しない選択肢を取れているか

就職しないと決めるのは大きな決断なので、しっかりと注意事項を確認しましょう。

1.一時的な感情になってないか

就職したくないという気持ちが一次的な感情になっていないかを、見極めることが大切です。

そのときは「就職したくない」と思っていたけど、価値観が変わり「やっぱり就職しておけば良かった」などと、後悔することがないようにしましょう。

特に、大学4年間はいろいろな経験ができ、価値観が変わりやすい時期でもあります。

一時的な感情で将来の選択を判断していないか、立ち止まって考えることも大切です。自分一人で判断できないときは、家族や周りの友人に話を聞いてもらうのも良いでしょう。

2.就職しないデメリットやリスクを考えられているか

就職しないと決めるとき、デメリットやリスクをしっかり考えることが大切です。また、就職しないデメリットやリスクに対する対策を具体的に考える必要もあります。

根拠のない自信や理由で「就職しなくても自分なら大丈夫」と考え、就職しない選択肢を取ってしまうと、窮地に立たされたときに、過去の自分の選択に後悔します。

神経質になりすぎる必要はありませんが、「就職するしない」の選択肢はデメリットやリスクを十分に考えたうえで、判断しましょう。

3.目的があったうえで就職しない選択を取れているか

就職しない選択肢を選んだ場合は、目的があったうえでその選択を選べたかを考える必要があります。目的がない中で、就職しない選択を取ってもただ時間だけが過ぎてしまいます。

もし、就職しない選択を取るなら、これから自分が何をしたいか、自分のしたいことを実現するために何が必要かをしっかりと明確にしておきましょう。

自分が何をしたいか分からず、特に何も思いつかない場合は、思い切って外に出かけてみたり、周りの人に何が向いてそうか聞いてみたりするのもおすすめです。

就活をしない場合の具体的な選択肢

就活をしない場合の選択肢

就活をしない場合の具体的な選択肢を紹介します。

紹介するのは以下の5つです。

このうち、最もおすすめなのは1つ目の選択肢である進学ですが、残念ながらどの方法にも多少のリスクがあります。

それぞれのメリット・デメリットを見ながら、実行するかどうかを判断しましょう。

1.進学する

1つ目は、進学することです。

進学は、自分の専門がビジネスに活かしやすい方におすすめな方法で、就活への時間的猶予を作りつつ、自身の強みを強化できます。

具体的なメリット・デメリットは、以下の通りです。

メリット
  • 自分の専門性をより深められる
  • 学部卒よりも初任給が高い
  • もう1度新卒として就活するチャンスが生まれる
デメリット
  • 専門がビジネスに活かしにくい場合、自分がやってきたことが評価されない
  • キャリア形成が遅れる
  • 進学するのにお金が掛かる

特に、正当な理由を作りながらもう1度新卒として就活するチャンスが生まれることは大きなメリットだといえるでしょう。

ただし、進学が評価されるのはあくまで専門がビジネスに活かせる場合のみなので、基本的には理工系や商学・経営学系でないと使いにくいです。

なお、就活で有利になりやすい学部については、以下の記事で解説しています。

2.海外留学する

2つ目は、海外留学することです。

日本の企業の多くは英語力を英語力を非常に重要視しているため、その成果をきちんと説明できれば就活を有利に進めてくれることでしょう。

具体的なメリット・デメリットは、以下の通りです。

メリット
  • 日本で学習するより英語力が伸びやすい
  • 就職活動でアピールできる
  • 日本について客観的に捉えられるようになる
  • 多様な文化に触れることで自分の価値観が広がる
  • 海外でのネットワークが広がる
デメリット
  • 目的意識がないと成果が得にくい
  • 費用がかかる
  • 時間がかかる
  • 海外での生活に馴染めない可能性がある
  • 犯罪やトラブルに巻き込まれる可能性もある

海外留学をするうえで、何よりも重要なのが目的意識です。

というのも、目的意識がない状態で留学すると、単なる海外旅行になりかねないからですね。

また、実際に英語力を身に着けたとしても、TOEICのような英語力をアピールする資格を持っていないと評価されないこともあるので注意しましょう。

3.留年する

3つ目は、留年することです。

「就職留年」という言葉がある通り、留年は就活をやり直す手段として活用できます。

具体的なメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット
  • 自由な時間が生まれる
  • 余裕をもって就活が行える
  • もう1度新卒として就活するチャンスが生まれる
デメリット
  • さらに学費がかかる
  • キャリア形成が遅れる
  • 留年していた間に何をしていたのかを問われてしまう

最も大きなデメリットは、留年していた空白期間を問われることでしょう。

また、企業によっては安易に留年を選ぶ就活生に対して悪印象を持つこともあるので、必ず留年に至った正当な理由を用意しておきましょう。

4.フリーランスになる

4つ目は、フリーランスになることです。

そもそもフリーランスとは個人事業主の一種で、特定の企業と雇用計約を結ばずに、業務委託という形で仕事を請け負います。

具体的なメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット
  • 煩わしい人間関係が少なくなる
  • 自分がしたい仕事ができる
  • 実力次第では短期間で高収入になる
デメリット
  • 新卒の切符を放棄することになる
  • 自己管理が必要不可欠
  • 社会的信用が低い
  • 収入が不安定
  • 社会人としてのマナーやビジネスに必要なスキルが身に付きにくい
  • 福利厚生がない

フリーランスという言葉を聞くと何だか自由そうな印象を受けますが、社会的信用が低かったり、収入が不安定だったりとかなり過酷です。

また、就職せずにフリーランスになる場合、仕事をこなしていく過程でスキルや知識を吸収する必要があります。

結果として、就活以上の困難が付きまとうので、実行する場合は自営業としての適性があるかどうかを確かめてからにしましょう。

5.起業する

最後の選択肢は、起業することです。

中小企業庁が作成する『中小企業白書』によると、在学中に起業を希望する学生は年々増加傾向にあります。

また、文部科学省も学生の起業を後押ししていますから、起業も立派な選択肢だと言えるでしょう。

具体的なメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット
  • 実力次第では短期間で高収入になる
  • 自分がしたい仕事ができる
デメリット
  • 新卒の切符を放棄することになる
  • スキルや知識を培う手段が乏しい
  • 一定の資金が必要
  • 人脈がない
  • 圧倒的にリスクが大きい

このデメリットのうち、最も大きな障害になるのがスキルや知識を培う手段ですね。多くの起業家は、社会人経験によって得たスキルを武器に起業します。

社会人経験がない学生は、起業サークルに入ったりビジネススクールに通ったりといった対策を、講じる必要があります。

就活したくないけど働きたいなら就活キャリアに相談を

就活キャリア

就活はしたくないけど、どこかの会社では働きたいと思っている学生もいるのではないでしょうか。

しかし、必ずしもみんなと同じようなステップで就活をしないといけないわけではありません。

自分一人で就活ができなくて困っている人には、「就活エージェント」への登録をおすすめします。

就活エージェントは、プロの就活アドバイザーがマンツーマンで就活のサポートをしてくれて、履歴書やESの添削、面接練習までしてくれるサービスです。

しかし、「どの就活エージェントに登録すればいいか分からない」という人もいると思います。

選び方に悩んでいるなら、まずは「就活キャリア」の登録がおすすめ。就活キャリアには、就活専門のアドバイザーがおり、応募から内定獲得まで徹底サポートしてくれます。

無料で利用可能なので、以下のボタンからまずは気軽に相談してみてください。

カンタン30秒で登録できる!/

既卒で就職するのは難しくなることを念頭に置く

既卒で就職するのは、難易度が上がることを念頭に置き、新卒で就職するかしないかを考えましょう。新卒入社は、ポテンシャル重視の企業が多く、みんなスタートラインは同じです。

一方、既卒で就職する場合は、スキルや経験を求められることが多いので、その分ハードルが上がります。人生の大きな分岐点にもなるため、じっくりと考えましょう。

就活したくないという感情は特別なものではない

「就活なんてしたくない……」という感情は決して、特別なものではありません。

しかし、就活をしないという選択肢は決して容易ではないため、性急な判断は下さないほうがいいでしょう。大切なのは、自分の人生を長期的に見据えたうえで、今取るべき行動を決めること

就活に対して嫌気が差している人は、この記事を参考に自分にどんな選択肢が残されているか検討してみましょう。

楽に、ホワイト企業に入りたくありませんか?


就活キャリアでは、ナビサイトにはない、穴場ホワイト企業、隠れ優良企業の求人を

200社以上ご紹介可能。


また、自己分析の進め方や、あなたに合った企業選び、志望動機、選考対策まで

ゼロからサポートいたします。


カンタン30秒で登録完了!/



よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次