2024年最新!主要メガベンチャーの平均年収ランキングを一挙公開

メガベンチャー 一覧 

楽に、ホワイト企業に入りたくありませんか?


就活キャリアでは、ナビサイトにはない、穴場ホワイト企業、隠れ優良企業の求人を

200社以上ご紹介可能。


また、自己分析の進め方や、あなたに合った企業選び、志望動機、選考対策まで

ゼロからサポートいたします。


カンタン30秒で登録完了!/



「メガベンチャーの平均年収ってどれくらいなんだろう?」
「メガベンチャーに就職するメリットやデメリットって何?」

メガベンチャーに興味を持っているあなたは、このような悩みを抱えていませんか?

そこでこの記事では、メガベンチャーの平均年収ランキングと、就職のメリットやデメリットについて解説します。

本記事を読めば、メガベンチャーの平均年収ランキングがわかり、他の企業と比較ができるようになりますよ。

なお、「そもそもベンチャーってなんだろう?」と疑問を抱えている人は、以下の記事がおすすめです。

目次

メガベンチャーとは大企業に成長したベンチャー企業のこと

メガベンチャーとは

メガベンチャーとは簡単に言えば、大企業に成長したベンチャーのことです。

そもそもベンチャーとは、新しいサービスやビジネスを展開する野心的な企業を指しており、そのほとんどはIT企業によって占められています。

その理由は、以下の2つです。

ベンチャーにIT企業が多い理由

  • ITは少人数でも導入しやすいから
  • ITは設備コストがかかりにくいから

ベンチャーは人的リソースが少なく、資金繰りに苦しむことも多いため、ITとの相性が非常に良いのです。

また、経済産業省が作成したパンフレットによると、大企業は以下のように定義されています。

売上金額が1,000億円以上、又は常用雇用者数が1,000人以上の企業。ただし、中堅企業、中小企業は除く。

引用:経済産業省

このことからも分かるとおり、「メガベンチャー」という言葉は、売上金額が1,000億円以上もしくは従業員数が1,000人以上のITベンチャーを指すことが多いです。

なお、具体的なメガベンチャーについては以下の記事で取り上げているので、こちらもチェックしてみてくださいね!

【2024年最新】メガベンチャーの平均年収ランキング

メガベンチャーの平均年収ランキング

最新の有価証券報告書によると、メガベンチャーの平均年収ランキングは以下のようになりました。

メガベンチャーの多くは平均年収が600万円を超えており、一般的なIT企業よりも年収水準が高いといえます。

また、こういったメガベンチャーは新たな人材確保のために、珍しい採用制度や福利厚生制度を導入していることが多いです。

メガベンチャーへの理解を深めるためにも、その内容を具体的に確認していきましょう。

第1位:Zホールディングス

引用:Zホールディングス

ランキング第1位に輝いたのはZホールディングス、その平均年収は1,075万円でした。

Zホールディングスは、かつてのヤフー株式会社が商号変更したことで誕生した企業で、現在はソフトバンクの傘下に置かれています。

主な事業は、日本最大級のポータルサイト『Yahoo! JAPAN』や『ヤフオク!』などのメディアサービスで、国内における知名度も非常に高いです。

そんなZホールディングスの特徴は、新卒一括採用を廃止していること

Zホールディングスでは、個人の能力を重視する「ポテンシャル採用」を導入しており、新卒既卒を問わず30歳以下なら誰でも応募可能です。

また、人財開発にも非常に力を入れており、中でも上司と部下が1対1になって話す「1on1ミーティング」は、メンバーの目的達成を促しやすくする制度として評価されています。

企業名Zホールディングス株式会社
本社東京都千代田区
設立1996年1月31日
従業員数単独:281人
連結:23,705人
平均年収1,075万円
平均年齢42.9歳
新卒採用数約300人
公式サイトアクセスはこちらから

参照:DODA

第2位:リクルート

引用:リクルート

メガベンチャーの平均年収ランキング第2位はリクルート、その平均年収は997万円でした。

リクルートは、設立50年以上の老舗メガベンチャーで、主に新卒採用サイト『リクナビ』やアルバイト求人サイト『タウンワーク』といった人材メディアサービスを展開しています。

その特徴は、2012年以降に進められた分社化によって、様々な採用窓口を用意していること

たとえば、同社が展開している不動産ポータルサイトの1つに『SUUMO』が挙げられますが、こちらは株式会社リクルート住まいカンパニーが運営しています。

同様に、旅行専門雑誌『じゃらん』は株式会社リクルートライフスタイルが刊行しているといった具合ですね。

つまり、リクルートはメディアやサービスごとにそれぞれ独立した採用窓口を持っているわけです。

仮に、株式会社リクルート住まいカンパニーで不採用になっても、株式会社リクルートライフスタイルでは採用される可能性が残っているので、就職のチャンスが広い企業だといえるでしょう。

企業名株式会社リクルートホールディングス
本社東京都千代田区
設立1963年8月26日
従業員数単独:158人
連結:49,370人
平均年収997万円
平均年齢33.7歳
新卒採用数(2021年度)120人
公式サイトアクセスはこちらから

第3位:エムスリー

メガベンチャーの平均年収ランキング第3位はエムスリー、その平均年収は822万円でした。

エムスリーは日本を代表する大手企業ソニーの関連会社の1つで、主に医療従事者向けポータルサイト『m3.com』の運営を行っています。

その特徴は、早期キャリアアップしたい方のために、社員1人1人へのフィードバックやマネジメントに力を入れていること

また、他部署への異動も本人の希望や実績によって決定されるため、自分が望む環境でスキルアップできます。

自社の採用サイトにて数多くの社員インタビューを行っているため、入社後のイメージが掴みやすいのもポイントです。

企業名エムスリー株式会社
本社東京都港区
設立2000年9月29日
従業員数単独:574人
連結:9,384人
平均年収871万円
平均年齢34.7歳
新卒採用数約300人
公式サイトアクセスはこちらから

第4位:DeNA

画像引用:DeNA

メガベンチャーの平均年収ランキング第4位はDeNA、その平均年収は790万円でした。

DeNAは、大手コンサル会社マッキンゼーの元役員だった南場智子氏が創業したIT企業です。SNSの運営やソーシャルゲームアプリの開発を、主な事業としています。

その特徴は、若いうちから裁量権の大きな仕事を任されやすいこと

DeNAは「永久ベンチャー」というビジョンを掲げている通り、大企業になった現在でもチャレンジ精神や成長速度を重視しています。

また、スピード感を失わないために、新規事業の予算や内容の決定権は各事業部が持っており、目的達成のプロセスも現場に委ねられています。

結果として、現場に配属される新入社員の責任も大きくなりやすいため、「自分の裁量を大きく持ちたい!」という方にとっては理想的な環境だといえるでしょう。

企業名株式会社ディー・エヌ・エー
本社東京都渋谷区
設立1999年8月
従業員数単独:1,264人
連結:2,194人
平均年収850万円
平均年齢36.8歳
新卒採用数(2018年度)48人
公式サイトアクセスはこちらから

第5位:ユーザベース

画像引用:ユーザベース

メガベンチャーの平均年収ランキング第5位はユーザベース、その平均年収は797万円でした。

ユーザベースはニュースアプリのNewsPicksを運営しており、また、BtoBでは企業情報分析サービスのSPEEDAを提供しています。

働き方も自由度が高く、スパーフレックス制度では、出社義務、コアタイムなしとしています。

経済や情報産業に興味があり、かといってマスコミなどの媒体よりもよりテクノロジー企業に就職したい人にはおすすめです。

企業名株式会社ユーザベース
本社東京都千代田区
設立2008年4月1日
従業員数単独:1373人
連結:779人
平均年収759万円
平均年齢33歳
新卒採用数
公式サイトアクセスはこちらから

第6位:アカツキ

引用:アカツキ

メガベンチャーの平均年収ランキング第6位はアカツキ、その平均年収は779万円でした。

アカツキはゲーム事業や、IP事業という新たな著作物(知的財産)を生み出すサービスを展開しています。

ゲーム業界では意外と新卒採用が少ないので、ゲーム業界に興味ある人や、また知的財産などの権利関係の仕事に興味がある人におすすめですよ。

企業名株式会社アカツキ
本社東京都品川区
設立2010年6月
従業員数279人
平均年収779万円
平均年齢31.4歳
新卒採用数約20人
公式サイトアクセスはこちらから

その他:LINE(2020年では5位)

LINE

引用:LINE

メガベンチャーの平均年収ランキング第5位はLINE、その平均年収は770万円でした。

LINEはスマホを持っている人なら誰もが耳にしたことがある企業でしょう。

LINEは、同企業の名を関したメッセージアプリ『LINE』を配信しているインターネットサービス会社です。最近では、ミュージックアプリや電子決済サービスにも力を入れています。

その特徴は、福利厚生が非常に充実していること。代表的なものとしては以下の4つが挙げられます。

LINEの主な福利厚生

  • 社内カフェ
  • 無料朝食
  • マッサージ
  • リフレッシュ休暇

特に、毎朝無料で提供される朝食と社内にマッサージ師が常駐しているのは、他の企業にはなかなかない福利厚生ですね。

このマッサージは40分500円からサービスを受けられ、利用料は盲導犬協会や視覚障がい者の学校などに寄付されます。

また、LINEの本社があるJR新宿ミライナタワーは新宿駅と直結しているため、交通へのアクセスが格段に優れています。

企業名LINE株式会社
本社東京都新宿区
設立2000年9月4日
従業員数単独:2,457人
連結:7,913人
平均年収770万円
平均年齢34.5歳
新卒採用数約30人
公式サイトアクセスはこちらから

 

メガベンチャーに向いているか診断しよう

自分がメガベンチャーに向いているか気になりますよね。

自己分析で大事なのは、“企業が求める能力と自分の能力が合っているかどうか”を判断することです。

自分にどんな強み・能力があるかを素早く正確に把握できるのが、スカウト型就活サービスを提供しているOfferboxのAnalyze U+という機能です。

Analyze U+は、自己分析の精度が高いのはもちろん、その結果に興味をもった企業からスカウトが届きます。

実際にプロフィールを80%以上入力した学生のオファー受信率は、93.6%。5分で登録できるので、今すぐ登録して自分の強みを把握しましょう!

無料で自己分析/

メガベンチャーに就職するメリット

メガベンチャーに就職するメリット

メガベンチャーに就職するメリットは、以下の3つです。

  • 若いうちから大きな仕事を任されることがある
  • 年功序列でははなく成果主義である
  • 福利厚生が整っている

メガベンチャーの多くは、大企業の特徴である「安定性」と、ベンチャーの特徴である「スピード感」を兼ね備えています。

しかし、一般的なトップダウン方式を採用すると決議に時間がかかるため、現場に裁量権を持たせることでプロジェクトを高速化させます。

新入社員は、まず実践的なスキルを身につけるよう求められるので、裁量権のある現場で大きな仕事を任されやすくなるわけです。

成果主義的な側面が強いのも、これが理由だといえるでしょう。

また、メガベンチャーは常に優秀な人材を確保する必要があるため、福利厚生を整えている企業が多いです。

実際に、メガベンチャーの平均年収ランキングで紹介しているLINEは、マッサージやリフレッシュ休暇といったユニークな社内サービスを用意していますよ。

メガベンチャーに就職するデメリット

メガベンチャーに就職するデメリット

メガベンチャーに就職するデメリットは、以下の3つです。

  • 成果を出せないと給料が上がりにくい
  • 仕事内容がハードになりやすい
  • 退職金制度を導入していない企業が多い

メガベンチャーに就職するメリットの一つに「成果主義」を挙げましたが、これは個人の能力によってメリットにもデメリットにもなるでしょう。

どんなに頑張っても結果につながらないと評価してもらえないため、総じて仕事内容がハードになりやすいです。

また、DeNAやエムスリーなど退職金制度を導入していない企業も多いため、日頃から貯金しておかないと老後のお金対策に悩まされます。

メガベンチャーへの就職に必要な学歴

就活において、高学歴大学の出身者を優遇することを学歴フィルターと呼びますが、これは成果主義のメガベンチャーにも存在します。

メガベンチャーほどの規模ともなると応募者が殺到してしまい、すべての就活生に時間を掛けられなくなってしまうからですね。

実際に、大手ビジネスメディア『ダイヤモンドオンライン』の調査によると、主要なメガベンチャーの採用大学の上位5校は以下のようになっています。

主要なメガベンチャー採用実績校(カッコ内は2020年に採用された人数)
ヤフー東京大学(29)
慶應義塾大学(23)
筑波大学(23)
明治大学(23)
早稲田大学(23)
DeNA東京大学(22)
早稲田大学(7)
京都大学(6)
慶應義塾大学(6)
筑波大学(2)
楽天早稲田大学(50)
慶應義塾大学(38)
青山学院大学(22)
上智大学(21)
同志社大学(21)
サイバーエージェント早稲田大学(19)
慶應義塾大学(17)
同志社大学(11)
中央大学(10)
青山学院大学(9)

表を見れば分かる通り、メガベンチャーに就職した学生の多くは、MARCHや関関同立以上に集中しています。

そのため、メガベンチャーに学歴フィルターが存在していること自体は事実です。

とはいえ、上記4社の採用実績校の中には日本大学や龍谷大学なども含まれているため、ほかの業界と比べると学歴フィルターはかかりにくい部類に入ります。

なお、この学歴フィルターについては以下の記事で解説しているので、こちらもあわせてチェックしてみてください。

メガベンチャーに就職するならインターンシップを活用しよう!

「メガベンチャーがどういうものなのか分かったけど、実際に就職するためにはどうしたらいいから?」
「具体的な事業内容が分かりにくいし、メガベンチャーへの就職はちょっと不安だな……」

このような人におすすめしたいのが、メガベンチャーへのインターンシップです。

実はメガベンチャーの多くはインターンシップを行っており、それに参加することで各企業の社風や事業内容を理解できます。

しかも、インターンシップで自分の熱意をアピールできれば、内定率アップに繋がるのも見逃せません。

以下の記事では、各メガベンチャーが行っているインターンシップを紹介しているので、参加したい企業の目星をつけましょう!

まとめ

この記事では、以下の内容について解説しました。

  • メガベンチャーの概要
  • メガベンチャーの平均年収ランキング
  • メガベンチャーに就職するメリット・デメリット
  • メガベンチャーへの就職に必要な学歴
  • メガベンチャーに就職するならインターンを活用しよう

メガベンチャーは、その安定性とスキルアップのしやすさから非常におすすめな就職先ですが、内定を獲得することは決して簡単ではありません。

メガベンチャーが求めているのは、優秀かつチャレンジ精神に溢れた人材だからですね。

これらをアピールするためにも、各企業が行うインターンには積極的に参加しましょう!

なお、実際にインターンに参加しようと考えている方は、以下の記事を参考に準備を進めてくださいね。

楽に、ホワイト企業に入りたくありませんか?


就活キャリアでは、ナビサイトにはない、穴場ホワイト企業、隠れ優良企業の求人を

200社以上ご紹介可能。


また、自己分析の進め方や、あなたに合った企業選び、志望動機、選考対策まで

ゼロからサポートいたします。


カンタン30秒で登録完了!/



よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次